テーマ:着物

ブログ再開です

今まで少しお休みを頂いてました。 お客様から「再開しなさい」とのお叱りを頂きました。 爺ちゃんからも「そろそろ始めろや」との事。 そうですよね、私たちも気にはなっていたのですが・・・ 再開させて頂く事にしました。 宜しくお願い致します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素敵な出会い

いつもの事ですけど、爺ちゃんが突然言いました。 「素敵な人と出会ったよ、一緒に会いに行かねぇか?」 「素敵な人ってだけじゃねぇんだ。素敵な場所だぜ」 行った先は「Yume Mirai-Cafe」 URLは下に書きました。 https://yumemiraicafe.jimdo.com/ 開店…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

和の暮らし 着物と袴

袴と言うと女子大生の謝恩会などの姿を想像される人が多いのでは。 つまりイベント用と思われるのではないでしょうか。 でも普段着の着物に袴を使うと便利です。 袴と言っても女子大生の謝恩会の袴ではなく カルサン袴とでも言ったら良いのでしょうか。 限りなくモンペに近い袴です。 写真は、プロカメラマン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

着付け練習会

こんにちわ、Tokyoきもの部の内藤 麻里です。 今日は着付けの練習会を開催しました。 場所は上石神井北地域集会所です。 http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/community/chiikishukaijo/kamishakujiikit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの銘仙を考えました。

昨日は秩父銘仙の話をしました。 以前にテレビで、再び銘仙を織り始めた地方が取り上げられていました。 でもまだ実物に出会ってません。 10月に日本橋で「きものサローネ」という催しがあり 各地の織物や染め物が出品されていました。 着物や帯だけでなく、インナーからアクセサリーまで 数多くの作品が並んでいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ銘仙は絶滅危惧になったのかしら

西武新宿線に乗ったら「秩父銘仙」の広告がありました。 銘仙と言えば 今でも着物女子には人気の高い物ですが 殆どはリサイクルで、新しい反物を購入した人の事は殆ど聞きません。 聞けば、銘仙は一世を風靡した着物だったとか。 その銘仙が急速に滅びる様に消えたのは、恐竜みたいです。 そこで恐竜の・・いゃ銘仙の興亡などを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きもの着付けトレーニング

2016年にTokyoきもの部を始めました。 練馬区と渋谷区を主な活動場所にしています。 部活ですから部長が必要で 内藤 麻里が2018年まで任命されました。 副部長は山路 寛子です。 今回は11月21日(火)に練習会?を行います。 場所:上石神井北地域集会所 住所:練馬区上石神井2-36-18 交通:西武新宿線…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アンネの着物姿を見てたら、ゴマメの歯ぎしりになった。

テメェでもなぜか分からないが・・・ 浴衣以外の着物を着たことがある人に聞き回った。 着た事があるよという人に、最初に何を着たか覚えてる? とまぁ、こんな質問をしたと思いねぇ。 すると多くの場合 「成人式」「卒業式・謝恩会」「友達(本人も含む)の結婚式」 なかには「七五三」や「十三詣」って人も居た。 つまり何かの目出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何と久々に考える

憂き事(テェした事ではない)が続き遠ざかっていた。 まぁ憂き事ってか、ノリが悪かったてぇのがホントの所か。 その間に良い事も良くない事も色々あったけどね。 着物に付いて考えてた。 着物って衣服 普段、スーツで仕事でしている人も多い事だろう。 仕事を離れても、男ならスラックスにワイシャツみてぇなシャツ 女ならスカート…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つくづくマリリン(内藤 麻里)を尊敬したぜ

10/09~10/13と、渋谷工房で初めての頒布会 期間中の来客数は七十数名 この来客数が多いのか少ないのか、 標準的な数字が分からないから何とも言えないが したっけ頒布会とは言え 来場されたお客様にもみ手をして売る事もしないってか そういう事をした事がねぇし、出来ねぇ。 売上目標を決めた訳でもなく 来場をうなが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

銘仙展に着物で行ってみたら

着物でお出かけ会 晴れて良かった。 7名の筈が、都合でテメェ達を含め5名でお出かけ。 午前中に着付け会 最近、とみに親しくなったアンネちゃんも参加だが 昨日まで6個の仕事を同時進行して、睡眠不足で頭痛だと言い 着物を着るには至らず、洋服で参加する事になった。 シロ子(山路 寛子)さんの着物を着て貰う予定だったので …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

着物でお出かけ「銘仙展」・・巡るは複雑な思い

今日(10/3)は着物で銘仙展を観に行く。 http://www.fashion-press.net/news/18644 銘仙・・・・ つい最近と言っても二十年ほど前だけど、その頃までは 銘仙と言えば、オイラは安価な粗悪品のイメージを持っていた。 オイラのオヤジ達が、銘仙を粗悪品と言い続けていたからだ。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・・・・疲れた・・・・・と、つぶやく時

昨日(9/19)は着物を飾る器材を積んで シロ子(山路 寛子)さんと一緒に、車で草加に向かう。 今日は草加文化会館で女優?のMさんのトークショーがある。 トークショーなら、オイラ達が行く必要はさらさらねぇのだが。 トークショーの開かれる別なスペースに着物を飾りたいという。 そうなるてぇと幾つかの器材を持つオイラ達に声が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

だから着物は日本人だけのモンじゃないってぇの。

これもシロ子さんの行動から始まったぃ。 芸能人さんの知り合いに、着物の洗いをお願いされたのが始まり。 この人は赤坂にビルを持つ女性。 5月頃の事だけど、シロ子さん(山路 寛子)が納品に行ったら お昼でもどぉ?と言われ 赤坂の有名寿司屋でゴチになったクセに、 オミヤ(お土産)も持たずに帰って来たズルい奴。 それでゴチ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

賄いきもの展のアンケートから出た駒?

賄いきもの展では来場者にアンケートをお願いしている。 アンケートの一部分に ◆こんな着物や小物(柄など)があると良いですか?の項目がある。 結構、色々な意見を頂くが、 多いのが「簡単に着られる着物」 着物を着るのに気合いが必要で、着なくなるから 洋服の様に簡単に着られる着物が欲しいが、二部式は嫌などもある。 その辺りの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

賄いきもの展での1シーン

この俳優さんに、久々に会いました。 まだ超弩級な有名人ではないですけど 売り出し中の若くてイイ男です。 頼み込んで一緒に写真を撮って貰ったんだよ。 いやぁ、さすがは俳優 何気ない立ち姿の姿勢がビッと決まってらぁね。 ついでにオイラの物になる着物も、強引に来て貰ったぃ。 オオッ!決まる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四季の宴の各部位の柄

四季の宴(副題 骨になっても)のだ それぞれの柄を白状しろという脅迫があった。 脅迫に屈した訳ではないが白状しよう。 四季の宴なのだから 四季それぞれに宴がある訳だぁね。 これは公開済みの画像だが、説明の落書きをした。 花見の宴だわさ。 夏は人が川釣りをするのを見ながら呑む これも宴だぁね。 秋なら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こういうのが嬉しいんだよなぁ・・と口に出てしまった

写真は渋谷工房に遊びに見える人のお母様です。 若いよね~~ ほとんど姉さんの感じしかしないって・・ 本人を知ったらそう思うと思う。 この知人、義姉と母の三人が3人とも着物好きなのが嬉しい。 先日は「着物でお出かけ」をされたらしい。 (写真はその時の物) きっと義姉とお母様と本人が 前の日から着物と帯・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シロ子さんよ、おまえもか!着物で仕事を始めたよぉ~

マリリン(内藤 麻里)に影響されたのか シロ子さんまで着物で仕事ですら。 この着物は彼女がお稽古に通う日舞の先生 花柳錦翠美先生のお下がりで、洗える着物(化繊)です。 その着物にウールの着物を解いて作った 袈裟懸けのエプロンで仕事をしております。 ヤバイなぁと思ってたら案の定 「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マリリンが着物で仕事するとどうなる?

前回の作業風景写真でものぞかせたが マリリン(内藤 麻里)が2月から、着物で仕事をしている。 毎朝、出勤してくるてぇと まぁウチの事だから更衣室なんてぇ洒落た部屋はねぇ。 そこで 「着替えるから見ないでよ」 等とのたまって自分の作業スペースで着替えさね。 マリリンの作業スペースは和室の八…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

所作教室と染色。考え方は同じ?

マリリン(内藤 麻里)さんに続いてシロ子(山路 寛子)の番です。 いざ書こうと思って、師匠(show-taro)のブログを読み返してみると 歯切れの良さや、簡潔な文がとても上手く書けていて 私がどこまで書けるか悩みます。 そういえば師匠(show-taro)を、 師匠風に言えば「京都の美形きゃの女(彼女)」のぉsenさんが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

必死で仕上中のシロ子さんとマリリン

ここの所、show-taroの体調が優れないのですが、原因はストレスだと思います。 ストレスの原因は幾つか考えられるのですが、一番大きなストレスは、仕事ではなく人間です。 それは誰かという事は、ここでは申し上げられません。 そこで今日はshow-taroから依頼を受けて、私、マリリンこと内藤 麻里が書きます。 さて、芸能人さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

直し物の源氏香を描くマリリン

黒紋付きの男物で、生地は羽二重 これに紋を隠すように柄を付けたいとの事。 ご依頼主は小売屋さんです。 絵柄を白く抜いても綺麗には抜けないし 羽二重は神経質な生地だから 下手に水に入れたりすると折れ擦れが出やすい。 染料で描きたいが ここは顔料で描かざるをえない。 ただ、固くなっても困るから、テストをしましたとさ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紗袷の着物

紗袷(しゃ・あわせ)の着物なんてまぁ 一体、誰が考え出したのだろうなぁ。 お客様が持っている絽の着物があったが着ないと仰る。 着ないが勿体ないから、紗袷にしたいと仰る。 絽の着物と紗の着物を袷仕立をするんだ。 紗袷は着用できる時期が限られる。 お客様のお持ちの絽は、柄が萩だから 盛夏と秋の単衣の間 そうだねぇ、8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライアングルなセット

まず最初にお詫び 鬱陶しい出来事があり、 オイラを鬱陶しくさせた相手に対して、デザイナは怒り狂い 事情を知ってる人も怒り 挙げ句の果てに「show-taroさんのお人好しも大概にしなさい」 などと言われ・・・ そんな訳で、このブログもアップする心の余裕もなく・・ 久々のアップとなった次第。 さ~て、お客様からの特注 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海の黒留袖・山の黒留袖

思えばシロ子(山路 寛子)さんの母上の黒留袖が発端。 show-taroさん、どんな黒留袖が良いと思う? そりゃ~、尾道でお式を挙げるんだろ? したら尾道風景にしなよ。 絶~対よそにない物が出来るぜぇ。 大いに納得してくれたシロ子さんも偉れぇが 何と言っても快諾して下さった母上(クライアント)に感謝。 この黒留袖を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

光太郎画伯の仕上図

光太郎画伯(show-taroの甥っ子)が渋谷に来社 奴が来るときは、出来るだけオイラは席を外す。 でないと奴がやりづらいだろうと勝手に思うからだ。 やれやれ、身内はやりづらい。(相手にとっても) 興味のある方は「磯部 光太郎」で画像検索をどうぞ。 何の為に来社されたかというと マリリン(内藤 麻里)がわざと仕上を残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな時、もの創り人間の至福の時だよなぁ。そうだろマリリン。

尾道きもの日和用に製作した、縮緬の名古屋帯ですら。 マリリン(内藤 麻里)の手による物です。 これ、まず下染(したぞめ)をします。 淡い地色を刷毛で染めて、蒸しをして色を定着 次に湯のし(整形)をしてから下絵を描き 今回は、太めの油性WAXを筒描きしました。 黒っぽく濃く見えるのが筒で置いたワックス で、淡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

図案編-贅沢すぎる?

作品を創るときは、ラフの後で図案を描く。 これは前に小布を制作した物の図案。 糸目友禅の図案だから、このまま下絵が描けるように描く。 この図案を元に下絵を描き、糸目を置いた。 これは(善し悪しは別にして)いつもの仕事。 図案といえば、簡単だがその後ひどく金のかかる図案がこれ
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

食品偽装ってひでぇよな。で・・着物は?

出るわ出るわ、食品偽装の自首が。 テナントに任せてたって まるで私たちも被害者みてぇな顔してさぁ。 無責任きわまりねぇよなぁ。 したら日本酒まで出ましたねぇ。 純米でない「純米酒」とか 条件を満たさない「吟醸酒」とか・・ このメーカーの酒は飲んでないから良かった。 などとは言えないわサ。 所で着物世界はどうだろ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more