素材を求めて行った場所

渋谷工房で開催する頒布会が決まった。
下の図は案内状でもなんでもない。単なるオイラのメモ
画像

という事は、あと40日しかないのだ。

何をどう制作するかはある程度は決まったが、問題がある。
今までショールやスカーフなどの素材(白生地)は
ユザワヤとか田中直などの材料を扱う小売店で購入してた。

それでは作品をご希望する皆様に素材代が反映され
余り「リーズナブル」な価格とは言えくなる。

少しでもリーズナブルにしたいとのデザイナの想いで
今日はマリリン(内藤 麻里)・シロ子(山路 寛子)さんがうち揃い
日暮里の繊維街に出掛けたのだった。
画像

街路灯にある小旗がなければ、普通の街
だが行ってみれば、そこには数十軒の繊維屋さんが有ったそうだ。
(残念だが、絹物の店は少ないとの事)
画像


画像

※価格はお店の希望で消しゴムしてあります。

それでも午前中ではとても足りない
もっと言えば、一日では足りないほどの繊維街だったと
大喜びしながら帰って来た。

とりあえずは絹の白生地と
麻とウールの混紡(水を通すとふっくらする)を購入
画像


暫くは掘留界隈より日暮里通いが続きそうな二人でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

reve de chat
2015年08月30日 21:47
こんばんは。
少しでも「リーズナブル」に・・・ 気持ちが伝わってきます。フットワークの軽いお二人がいると心強いですね。

日暮里に繊維街~! すてきな作品、期待していま~す。
show-taro
2015年09月12日 10:03
reve de chatさん
腰が石臼より重いオイラとしては
フットワークが軽い二人はホントに助かります。

この記事へのトラックバック