舞扇の作者は・・ホントに世間は狭いなぁ

シロ子(山路 寛子)さんが習っている日舞でおさらい会がある。
画像

その会場に飾りスペースがあるので
舞台の背景の飾りスペースには舞扇を飾り
舞台サイドの飾りスペースなどにウチの作品を置く。

どんな扇を飾るかによってバランスをとりたいので
シロ子さんが花柳 錦翠美先生から扇を借りてきた。

桐の箱に鎮座ましまし
12ヶ月分のおう扇が収められている。
画像

その何面かを開いて見るてぇと
良い絵だけど・・・
少し感じが違うが、どこかで見た絵だなぁ・・・
画像

首を傾げていると
マリリン(内藤 麻里)が目ざとく見つけた。

show-taroさん!これ中路先生の作じゃないですか
だってホラ
画像


中路さんはオイラと同じ染色家でもあり、京都での飲み仲間。
名前は中路 道人(なかじ どうじん)
画像

写真右でオイラの攻撃にたじろいでるのが中路 道人さん

感じが違うと思ったのは、肉筆ではなかったからだが
いゃはゃ、世間は実に狭いと思ったものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

reve de chat
2015年08月15日 22:09
こんばんは~!
いろいろなところで繋がりがあるんですね。
見事な舞扇~!
「ゆかたざらい」とあるようで・・・
シロ子さんの晴れ舞台、楽しみです~!^^

show-taro
2015年08月23日 15:20
reve de chatさんへ
世間はホントに狭いっすねぇ。
シロ子さん・・どーなる事やら。

この記事へのトラックバック